休業手当の支払い義務とその条件について解説!<社労士試験>

この記事で学べること
・休業手当の支払い義務とその条件
・平均賃金の60%以上の手当とは

使用者の責による休業の事例

この記事には広告やPRを含んでいます。

目次

労働基準法第26条-休業手当-

第二十六条 使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の百分の六十以上の手当を支払わなければならない。

休業手当の支払い義務

労働基準法第26条は、使用者の責に帰すべき事由によって労働者が休業する場合、休業期間中に平均賃金の60%以上の手当を支払うことを義務付けています。これは、労働者が予期せぬ休業による経済的損失を少なくするための保護措置です。

: 休業手当の支払い条件

条件説明
休業の理由使用者の責に帰すべき事由
手当の金額平均賃金の60%以上
: 休業手当の支払い条件

平均賃金の60%以上の手当とは

平均賃金の60%以上という基準は、労働者が生計を維持できる最低限の金額を保証するために設定されています。平均賃金の計算には、労働者の過去の稼働日数や賃金が考慮されます。


使用者の責による休業の事例

使用者の責による休業とは、例えば、工場の機械故障や経営上の理由による業務停止など、労働者のコントロール外で発生する事例を指します。このような場合、使用者は休業手当の支払いが求められます。

: 使用者の責による休業の事例

事例説明
機械故障労働者の業務不能
経営上の理由業務停止や再編成
: 使用者の責による休業の事例

まとめ

労働基準法第26条による休業手当の規定は、労働者が使用者の責に帰すべき事由による休業で経済的に保護されることを保証します。この規定は、労働者の生活の安定と公正な労働環境の維持に貢献します。


確認クイズ

  1. 使用者は労働者の休業手当として何を支払うべきですか? A) 平均賃金の50%以下 B) 平均賃金の60%以上 C) 平均賃金の100%
  2. 平均賃金の60%以上の手当はどのような目的で設定されていますか? A) 労働者の生計維持 B) 使用者の負担軽減 C) 労働者の業務能力向上
  3. 使用者の責に帰すべき事由による休業の例は何ですか? A) 労働者の病気 B) 自然災害 C) 工場の機械故障

解答:

  1. B) 平均賃金の60%以上
  2. A) 労働者の生計維持
  3. C) 工場の機械故障

社労士におすすめの講座

社労士予備校(ヤマ予備)は、社労士の試験に特化した講座受け放題のサブスクリプション予備校。

普通の予備校だと20万前後かかるところをなんとたったの月額4,400円(税込み)

普通の予備校ならテキスト料金が別なところを、ヤマ予備ならなんとテキストも無料でダウンロード可。

楽して安く社労士に受かりたいなら以下のボタンから月額会員登録をお願いします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次