制限行為能力者とは?

目次

制限行為能力者とは?

簡単に解説

制限行為能力者とは、法律上の一定の行為を単独で行う能力が限られている人のことです。

詳しく解説

制限行為能力者とは、法律上、一部の法律行為を自ら行う能力が制限されている人を指します。

これには未成年者や成年被後見人などが含まれます。

例えば、未成年者が契約を結ぶ場合、通常は親権者の同意が必要になります。このような制限は、本人の未熟さや精神的な障害などにより、自己の利益を害する可能性がある行為を未然に防ぐために設けられています。

この制度は、本人の保護と社会秩序の維持を目的としていますが、一方で本人の自由な意思決定を制限する側面もあり、そのバランスを考慮する必要があります。

民法20条

(制限行為能力者の相手方の催告権)

第二十条 制限行為能力者の相手方は、その制限行為能力者が行為能力者(行為能力の制限を受けない者をいう。以下同じ。)となった後、その者に対し、一箇月以上の期間を定めて、その期間内にその取り消すことができる行為を追認するかどうかを確答すべき旨の催告をすることができる。この場合において、その者がその期間内に確答を発しないときは、その行為を追認したものとみなす。

 制限行為能力者の相手方が、制限行為能力者が行為能力者とならない間に、その法定代理人、保佐人又は補助人に対し、その権限内の行為について前項に規定する催告をした場合において、これらの者が同項の期間内に確答を発しないときも、同項後段と同様とする。

 特別の方式を要する行為については、前二項の期間内にその方式を具備した旨の通知を発しないときは、その行為を取り消したものとみなす。

 制限行為能力者の相手方は、被保佐人又は第十七条第一項の審判を受けた被補助人に対しては、第一項の期間内にその保佐人又は補助人の追認を得るべき旨の催告をすることができる。この場合において、その被保佐人又は被補助人がその期間内にその追認を得た旨の通知を発しないときは、その行為を取り消したものとみなす。

(制限行為能力者の詐術)

第二十一条 制限行為能力者が行為能力者であることを信じさせるため詐術を用いたときは、その行為を取り消すことができない。

民法

制限行為能力者をまとめた表

種類定義保護する者(法定代理人)
未成年者法律的に成年に達していない人親権者、未成年後見人
成年被後見人精神上の障害等により判断能力が著しく不足していると裁判所に認定された成人成年後見人
被保佐人判断能力の不足があるが、成年被後見人ほどではないと裁判所に認定された成人被保佐人
被補助人一定の判断能力はあり、日常生活において自立して行動できるが、裁判所に補助を必要と認められた成人被補助人
制限行為能力者をまとめた表

追認の催告

制限行為能力者が許可なく法律行為をした場合、その行為は原則として無効ですが、後から同意(追認)を得ることで有効になります。

これは行為を行ってから1ヶ月以上定めた期間の中での催促となり、これらの期間内に解答がない場合には行為を追認したということとなります。

制限行為能力者の相手方は、その制限行為能力者が行為能力者(行為能力の制限を受けない者をいう。以下同じ。)となった後、その者に対し、一箇月以上の期間を定めて、その期間内にその取り消すことができる行為を追認するかどうかを確答すべき旨の催告をすることができる。この場合において、その者がその期間内に確答を発しないときは、その行為を追認したものとみなす。

民法第20条

まとめ

制限行為能力者とは、法律上の一定の行為を単独で行う能力が限られた人々のことを指し、主に未成年者や成年被後見人がこれに該当します。

彼らの保護と社会秩序の維持のために、法律行為には通常、親権者や後見人の同意が必要です。

また、追認の催告は、無許可の法律行為を後から有効化するための重要なプロセスです。

確認クイズ

  1. 制限行為能力者とは何か?
    • A. 法律行為を全く行えない人
    • B. 一定の法律行為に制限がある人
    • C. いかなる法律行為も自由に行える人
    • 解答: B. 一定の法律行為に制限がある人
    • 解説: 制限行為能力者は、法律上、特定の行為を行う際に制限がある人々を指します。これには未成年者や成年被後見人などが含まれます。
  2. 未成年者が契約を結ぶ際に通常必要なものは何ですか?
    • A. 親権者の同意
    • B. 裁判所の許可
    • C. 友人の承認
    • 解答: A. 親権者の同意
    • 解説: 未成年者が契約などの法律行為を行う際には、通常、親権者の同意が必要です。これは未成年者の保護のための措置です。
  3. 成年被後見人とはどのような人を指しますか?
    • A. すべての成人
    • B. 精神上の障害などで判断能力が不足している成人
    • C. 経済的に困窮している成人
    • 解答: B. 精神上の障害などで判断能力が不足している成人
    • 解説: 成年被後見人は、精神上の障害などにより判断能力が不足している成人を指し、後見人の同意が多くの法律行為に必要となります。
  4. 追認の催告の目的は何ですか?
    • A. 法律行為を無効にする
    • B. 法律行為を有効にする
    • C. 新しい法律を制定する
    • 解答: B. 法律行為を有効にする
    • 解説: 制限行為能力者が許可なく行った法律行為は原則として無効ですが、後から同意(追認)を得ることで有効になることがあります。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次