国民の祝日一覧。祝日と祭日の違いって?意外と多い日本の休日。

「ねえ、ゴールデンウィークっていろんな祝日があるけど、『祝日』と『祭日』の違いって何か知ってる?」

「うーん、あまり気にしたことなかったな。調べてみようか?」

目次

祝日とはなにか?

日本には多くの祝日がありますが、「祝日」と「祭日」という言葉がしばしば混同されます。

「祝日」とは、国民の祝日に関する法律に基づいて定められた公的な休日のことです。

この法律は、1948年に制定され、国民が共通の記念日や祝日を持つことで、国民意識の醸成や文化の発展を促すことを目的としています。

第一条 自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞつて祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。

国民の祝日に関する法律 | e-Gov法令検索
https://netafull.net/trivia/0128666.html

「祝日は国民の祝日に関する法律に基づいてるんだって。それでみんなが休める日になっているのね。」

「そうなの。祝日は、美しい風習を育てつつ、より良い社会や生活を築くために設けられているんだって。あんまり考えたことなかったな。」

祭日とはなにか?

一方で、「祭日」は宗教的な意味合いが強く、宗教儀礼や祭祀を行う日を指します。

日本では、明治時代に皇室祭祀令により、宗教的な祭祀が国家的な休日として認められていましたが、1947年に廃止され、法的な「祭日」は現在存在しません。

「あれ?廃止されたってことは、お休みなくなっちゃったの?」

「そうじゃなくて、もともと祭日だったものが祝日に統一されたんだよ」

「なんだあ、びっくりした。」

「国民の祝日」一覧

国民の祝日は、国民の祝日に関する法律の第2条において決められています。

日付で決められている日もあれば、第何月曜日などで決められているものもありますね。

国民の祝日は現在16個あり、これは世界的に見ても多い方だと言えます。

元日1月1日
成人の日1月の第2月曜日
建国記念の日政令で定める日
天皇誕生日2月23日
春分の日春分日
昭和の日4月29日
憲法記念日5月3日
みどりの日5月4日
こどもの日5月5日
海の日7月の第3月曜日
山の日8月11日
敬老の日9月の第3月曜日
秋分の日秋分日
スポーツの日10月の第2月曜日
文化の日11月3日
勤労感謝の日11月23日
国民の祝日一覧

まとめ

・祝日は国民意識や文化の発展のために存在する。

・祭日は宗教的な意味合いもっていたが、戦後に祝日に統一された。

・国民の祝日は現在、16個ある。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次