非常時払いとは?社労士試験対策の徹底解説!

この記事で学べること
「非常時払い」とは何かとその法的基礎
・非常時払いが適用される具体的な状況
・非常時払いの申請と支払いプロセス

労働基準法には、労働者が特定の緊急事態に直面した場合、使用者が賃金を早めに支払うことを義務付ける「非常時払い」という重要な規定があります。

この記事では、「非常時払い」の概念、適用状況、および実務上の対応方法について解説します。

社労士試験の試験準備に役立てていただけますと幸いです。

目次

非常時払いとは?

非常時払いは、労働基準法第25条に規定されており、労働者が出産、疾病、災害などの非常の場合に、支払期日前の賃金を請求できる制度です。これは、労働者が予期せぬ事態に対処するための経済的な支援を目的としています。

(非常時払)

第二十五条 使用者は、労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合の費用に充てるために請求する場合においては、支払期日前であつても、既往の労働に対する賃金を支払わなければならない。

労働基準法 e-Gov法令検索
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=322AC0000000049

非常時払いの適用状況

非常時払いが適用されるのは、厚生労働省令で定める非常の事態です。これには、労働者の生活に直接的な影響を与える出産、疾病、災害などが含まれます。この制度は、労働者の生活安定を図るためのものです。

これは労働基準法の施行細則の第9条に記載されています。

第九条 法第二十五条に規定する非常の場合は、次に掲げるものとする。

 労働者の収入によつて生計を維持する者が出産し、疾病にかかり、又は災害をうけた場合

 労働者又はその収入によつて生計を維持する者が結婚し、又は死亡した場合

 労働者又はその収入によつて生計を維持する者がやむを得ない事由により一週間以上にわたつて帰郷する場合

労働基準法施行規則 | e-Gov法令検索
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=322M40000100023_20230401_504M60000100158
項目適用状況具体例
1. 出産、疾病、災害労働者本人またはその生計を維持する者が出産、疾病にかかり、または災害を受けた場合労働者の配偶者が出産、労働者の子が病気になる、家族が災害に遭遇するなど
2. 結婚または死亡労働者本人またはその生計を維持する者が結婚または死亡した場合労働者が結婚、労働者の親が死亡するなど
3. 帰郷労働者またはその生計を維持する者がやむを得ない事由で一週間以上帰郷する場合家族の重病による帰郷、遠方の親族の葬儀への帰郷など
表:非常時払いの適用状況

非常時払いの申請と支払いプロセス

非常時払いを受けるためには、労働者は使用者に対して請求を行う必要があります。使用者は、労働者が請求した場合、既往の労働に対する賃金を支払わなければなりません。このプロセスは、法律により保護されています。

まとめ

非常時払いは、労働者が非常時に直面した場合に支援を提供するための重要な制度です。社労士として、このような労働法の規定を理解し、適切なアドバイスを行うことが求められます。

確認クイズ

クイズ1: 非常時払いが適用される主な状況は何ですか?

  • A. 長期休暇中
  • B. 出産、疾病、災害などの非常事態
  • C. 年末年始

正解:B. 出産、疾病、災害などの非常事態

  • 解説:非常時払いは、労働者が出産、疾病、災害などの非常の状況に直面した際に適用されます。これにより、労働者は経済的な困難を少しでも和らげることができます。

クイズ2: 非常時払いを受けるためには、どのような手続きが必要ですか?

  • A. 使用者への請求
  • B. 厚生労働省への報告
  • C. 法律顧問の承認

正解:A. 使用者への請求

  • 解説:非常時払いを受けるためには、労働者は使用者に対して賃金の早期支払いを請求する必要があります。この請求に基づき、使用者は法律に従って対応しなければなりません。

クイズ3: 非常時払いの法的根拠はどこにありますか?

  • A. 労働契約法
  • B. 労働基準法第25条
  • C. 労働者災害補償保険法

正解:B. 労働基準法第25条

  • 解説:非常時払いの規定は、労働基準法第25条に明記されています。この条文は、労働者が非常事態に直面した際の賃金支払いに関する重要な法的根拠となっています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次